プチ整形は一切メスを使わない

美容整形といえば顔や体にメスを入れるというイメージがあるかもしれませんが、今現在主流となっているのはメスを一切使わないプチ整形です。特殊な糸でまぶたを固定して二重をつくる埋没法や、ヒアルロン酸注射にボトックス注射といった施術法がメジャーとなっています。メスを使う手術は怖いと感じてしまいますが、プチ整形はメスを入れない手軽さから、これだけ多くの患者さんに選ばれていると考えられます。

ダウンタイム期間が短い

日本でプチ整形が人気の理由として挙げられるのが、ダウンタイム期間が短いという点です。メスを使う大きな手術を伴う美容整形の場合、術後は1週間から2週間ほど安静にしなければならないケースも少なくありません。メスで切開し縫合するので痛みや腫れも強く、また長く続きます。一方、プチ整形は術後すぐメイクができる施術法があるほど、体へのダメージが少なく通常はすぐ日常生活に復帰できます。痛みや腫れといった症状も回復しやすいので、仕事をしているなどで長く安静にする期間を取れないという人もチャレンジしやすいことからプチ整形は人気です。

メスを使う美容整形と比較すると費用がリーズナブル

美容整形は施術法によって、100万を超える費用がかかる場合もあります。ですがプチ整形は美容整形としては、料金が比較的リーズナブルなことでも人気を集めているようです。例えば人気の埋没法の相場は約5万円から10万円ほどです。他の施術法も数万円から10万円前後が相場ですので、メスを使う美容整形よりも料金面でチャレンジしやすくなっています。ただし、プチ整形でも場合によっては数十万という価格帯となる場合もあるので、カウンセリングで最終的にかかる料金をしっかり聞いておきましょう。

フォトフェイシャルは、肌に光を照射して、しみやそばかすなどの色素沈着を薄くする治療です。赤ら顔や毛穴にも効果的だといわれています。