多汗症に悩んでいるならボトックス注射

夏になると両脇や手、足の裏などに多量の汗をかくために悩んでいるという方は多いです。あまりにも汗をかきすぎると、周囲の視線や臭いが気になって日常生活に支障をきたすようにもなります。そんな悩みを抱えている方に人気なのが、ボトックス注射です。そもそもボトックスには、自律神経の末端からアセチルコリンが分泌するのを抑える作用があります。アセチルコリンという物質には発汗を促す性質があるので、ボトックス注射を打つことで過剰に汗をかくことを防止できると言うわけです。ボトックス注射を受けて数日後から徐々に汗をかく量が減り、およそ半年の期間、ボトックスによる作用が持続します。また、ボトックス注射によってアポクリン腺からの分泌物も減らせるので、嫌な臭いに悩まされることもなくなります。

ボトックス注射のメリット

ボトックス注射の最大のメリットは、気軽に多汗症の治療ができるということです。ただ脇に注射を打つだけなので、施術はたった10分ほどで終わります。メスで皮膚を切開することもないので、術後の腫れや痛みなどは全くありません。手術当日に化粧ができるので、すぐに日常生活に戻ることが可能です。また、脇に注射を打つために痛みの心配をする方も多いですが、ほとんどのクリニックでは麻酔クリームを用意しています。麻酔クリームを施術の前に塗布しておけば、注射時の痛みを軽減させることができます。よって、精神的なストレスを感じることもなく治療を行えるというわけです。

ボトックスとは、ボツリヌストキシンを含んだ薬です。これを注射すると、筋肉がリラックスしてほうれい線などが目立ちにくくなるという効果が発揮されます。